【Bandicam】の使い方

2021年8月24日

どうも、こんにちは、こんばんは、十楽toraku』です。

前の記事で「Bandicamのダウンロード・インストール方法」を紹介したので、次は使い方を解説していきたいと思います。

ということで、この記事では「Bandicamの使い方」を解説していきます。

解説するといっても、画像で説明すると記事がとても長くなってしまうので、動画で解説していきます。

まずは、Bandicamのそれぞれのボタンやタブの説明をしていきます。

1.「ホーム」

※滅茶苦茶早く進んでいくので、箇所箇所で止めてご確認ください。

タブ「ホーム」の左から一つづつ説明しています。

一応短縮版で解説しますと、左から「戻る」「録画画面範囲設定」「録画範囲フルスクリーン」「録画画面モード・マウス周辺」「ゲーム画面録画モード」「外部デバイス録画モード」というボタンがあります。

ボタン紹介

録画画面モードを選択する
 →なにも選択してない状態に戻る(今「フルスクリーン」を選択している状態)
録画画面モード-指定した領域
 →自分で録画する画面の領域を設定できます。
録画画面モード-フルスクリーン
 →録画画面の範囲をフルスクリーンに設定できます。
  (フルスクリーンとは1920×1080の画面の大きさで画面いっぱいを撮ることができ  る大きさです。)
録画画面モード-マウス周辺
 →マウス周辺を録画することができます。
ゲーム録画モード
 →高画質なゲームなどの画質や音質をそのままキャプターすることができます。

2.上のほうのボタン

次は、上の方のボタンを解説していきます。

こちらも、短縮版で説明しておきますと、左の青い部分は先ほど1.「ホーム」でも紹介したようなものとほぼ同じ機能です。

そして、マイクのマークのやつがマイクを入れたり外したりが出来て、マウスのマークのやつがマウスにエフェクトを入れられたり出来まして、その右のやつがウェブカメラを入れるときに使います。その右の縦バーは音量チェックで、あとは、撮ったりする赤丸などです。

ボタン紹介

・青いタブは左からさっきと同じ機能です。
録画画面モード-指定した領域
 →自分で録画する画面の領域を設定できます。
録画画面モード-フルスクリーン
 →録画画面の範囲をフルスクリーンに設定できます。
  (フルスクリーンとは1920×1080の画面の大きさで画面いっぱいを撮ることができる大きさです。)

録画画面モード-マウス周辺
 →マウス周辺を録画することができます。


ゲーム録画モード
 →高画質なゲームなどの画質や音質をそのままキャプターすることができます。
マイク音声設定
 →マイクを入れたり切ったり出来ます。
マウス効果設定
 →マウスに波紋のようなエフェクトを追加したりすることができます。
Webカメラオーバーレイ設定
 →ウェブカメラを使うときなどに使います。
音量バー
 →音声が出ているか、音量の小大が分かります。
静止画キャプチャー
 →スクリーンショットのようなものを撮ることができます。
キャプチャー一時停止
 →文字通り録画を一時停止します。
キャプチャー開始・停止
 →「RED」を一度押すと録画が開始され■になるので、もう一度押すと録画が停止されます。

めちゃめちゃごちゃごちゃしてきましたが、そんなに難しくはないです。

3.「一般」

続いては、タブ「一般」です。

ここで、見てほしい部分は撮った動画の保存先が変えられるってところくらいですね。

ボタン紹介

白い部分
 →保存先のコードです。どこに保存されているかが分かります。
・「・・・
 →撮った動画の保存先を変更できます。
開く
 →保存先のファイルを開きます。保存される場所が分かります。
詳細設定
 →言語設定などができます。
設定
 →基本設定を見れます。
チェックリスト
 →それぞれつけたいものにチェックを入れられます。

ここでは、変更するものは保存先くらいです。

気になったものがあれば、入れてみてください。

4.「ビデオ」

続いては、タブ「ビデオ」です。

ここは、おそらく一番見る画面です。メイン画面といっても良いくらいです。

「ビデオ」では録画に関する情報を変更できます。

ボタン紹介

チェックリスト
 →それぞれつけたいものにチェックを入れられます。
「開始・停止」や「一時停止」の右側
 →それぞれ録画の開始・停止や一時停止のボタンを変更できます。
  (例:Shiftで録画開始・停止)
詳細設定
 →「音声」音声を入れたりすることができます。
  「Wedカメラ」ウェブカメラ映像をキャプチャーする設定などができます。
  「マウス」マウス効果設定などができます。
  「ロゴ」オリジナルのロゴを入れる設定などができます。
  「オプション」詳細設定ができます。
設定
 →フォーマットの変更ができます。もっと詳しく言えば、
  動画形式を変えたり、動画の質や音声の質を変更できます。
プリセット
 →ものに応じた設定が可能です。

ここは、動画の質に特に重要なので、ご確認ください。

詳しいことが分からないという方は自分の設定を丸パクリでも、OKです。

5.「静止画」

最後は、タブ「静止画」です。

ここは、ほぼ変更する必要はないです。なんなら初期の状態でも大丈夫です。

「静止画」では、スクリーンショットのようなものの設定になっています。

ボタン紹介

チェックリスト
 →それぞれつけたいものにチェックを入れられます。
静止画キャプチャー設定
 →オリジナルのロゴを入れる設定などができます。

気になったものお好きなものにチェックを入れてください。

ただ、一つ画像だけ「JPG(高画質)」がオススメです。

以上でボタンすべてをご紹介しました。

まとめ

いかがだったでしょうか?分かりやすくはなかったと思いますが(笑)

なんとか、すべてのボタンをご紹介できました。

結構ごちゃごちゃになって分かりにくかったと思いますが、使ってみると意外に簡単なので使ってみてください!

あと、初期状態から変える場所は「ビデオ」の設定のフォーマットくらいで、フルスクリーンにして、「RED」を押したらすぐ録画できます。こう見ると簡単ですね。