おすすめの登山用品

どうも、こんにちは、こんばんは、十楽toraku』です。

前の記事で登山に必要なものは紹介していたのですが、登山用品のおすすめは乗っけていなかったので、伝家の「Amazon」からおすすめを乗っけていきます。

ということで、この記事では「おすすめの登山用品」をご紹介していきます。

  • 必要なもの一覧
  • 必要なものの詳細
  • 登山用品紹介

必要なもの一覧

まずは、「登山に必要なもの」でもご紹介しましたが、一応もう一度必要なものをご紹介していきます。

持ち物

  • リュック(ザック)
  • 登山靴
  • 水筒
  • 調理道具
  • カメラ
  • ヘッドライト
  • 地形図 コンパス
  • 携帯電話(GPS)、モバイルバッテリー
  • サコッシュ
  • 速乾性タオル
  • 常備薬各種

服装

  • 速乾性のTシャツ、ドライレイヤー、靴下
  • 防寒着
  • 雨具

必要なものの詳細

・リュック
 十分に入り軽いものがよい。

・登山靴
 通常の靴でも山によっては登れないことはないが、
 登れやすいため重くなくしっかりしたものがおすすめ。

・水筒
 1日程度であれば氷を入れておいても溶けないという点がよい。
 凍らせた水なども2本程度持っておいてもよい。

・調理器具
 1日で登るのであれば、軽いご飯などでもよい。
 非常時に備えて、乾麺などを持っていてもよい。

・カメラ
 必要であれば、所持する。

・ヘッドライト
 非常時に暗くなった時に重要なものです。

・地形図 コンパス
 迷った場合などに重要なもの。熟知しきった山でも、持っていくようにしましょう。

・携帯電話(GPS)、モバイルバッテリー
 非常時に助けを呼んだりする際にとても重要です。

・サコッシュ
 首から下げておくと楽です。地形図などを入れておくのに使うと便利です。

・速乾性タオル
 タオルは汗を拭いたり、非常時にも必要なものです。
 2,3枚は持っておくようにしましょう。

・常備薬各種
 アレルギーや腹痛、頭痛などいきなり症状が出た場合に必要なものです。
 元気であっても、持っておくようにしましょう。

服装を詳しく説明

・速乾性のTシャツ、ドライレイヤー、靴下
 真夏でも半袖短パンではお勧めしません。山頂の方の標高が高くなると、
 真夏でも少し肌寒いです。汗を搔いたりもするので、速乾性のTシャツなども
 おすすめです。長袖Tシャツでも良いと思います。
 靴下は、普通の靴下でも良いですが、靴擦れなどが嫌なのであれば、
 登山用の靴下を履くと良いと思います。

・防寒着
 真夏でも持っておくに越したことはないです
 リュックに忍ばせておくと良いと思います。

・雨具
 山はいきなり天気が変わります。雨に打たれることを考慮して
 持っておくことをお勧めします。
上下の雨具を持っておくと良いです。

登山用品紹介

続いては、登山用品を伝家の「Amazon」からご紹介していきます。

・リュック(ザック)

・登山靴

・水筒

・調理器具

・カメラ

・ヘッドライト

・地形図 コンパス

地形図は場所と合わせて調べるとその場所の地形図無料でダウンロードできるサイトがあります。

・携帯電話(GPS)、モバイルバッテリー

携帯電話はお使いになっているもので大丈夫です。

・サコッシュ

・速乾性タオル

・常備薬

※薬は、自分に合ったものを買ったり、病院でもらった薬などを選び服用してください。

・速乾性のTシャツ、ドライレイヤー、靴下

・防寒着

・雨具

以上、商品紹介でした。

まとめ

ぶっちゃけ、ちゃんとした店などに行って買ってきた方が良いですが、このご時世ですし、怖いなと思うのであれば、Amazonなどを用いて買ってみるのも良いのではないでしょうか?というお話でした。

また、貸出などもありますので、買うのが嫌な方はそちらを見てみるのもよいのではないでしょうか。

以上ザックリとした、商品紹介でした。