集中力を上げる方法

どうも、こんにちは、こんばんは、十楽toraku』です。

最近、集中力が落ちてきたなぁ。

という方も、少なくはないのではないでしょうか?

ということで、この記事では「集中力を上げる方法」をご紹介していきたいと思います。

結論から言いますと、実質無限に集中力を上げるということは可能であるらしいのです。

それは、どういうことなのか、順を追って、紹介していきます。

  • 同じことを続けない。
  • マルチタスクではなく、シングルタスクを目指す。
  • こまめな休憩をする。
  • 軽い運動をする。

同じことを続けない。

「自分はまだ続けられる!」

と思って、同じことをやり続けていませんか?

人は同じことをやり続けていると、かえって効率を下げてしまうのです。

肉体的には、大丈夫と思っていても、精神的には疲れてしまっているということです。

逆に言えば、こまめにやることを変えれば、脳が疲れにくく集中力が持続するということです。

マルチタスクではなく、シングルタスクを目指す。

これは、さっきの「同じことを続けない」ということと似ています。

マルチタスクとは、同時に色々なものに手を付けますが、シングルタスクは、「それ」と決めたものは、それしかしないというものです。

「同じことを続けない」でも、同じことを言いましたが、同じことをやり続けますと、集中力が低下してしまいます

でも、1日のうちに違うことをやるのは、マルチタスクなんじゃないの?

と思った方もいるかと思いますが、一度にやるものは1つだけなので、これはシングルタスクなのです。

なので、1つのことをいくつも組み込んで、集中力を途切れないようにするということが重要なんです。

こまめな休憩をする。

集中力を低下させないためには、同じことをやり続けないことが重要であるということは分かったと思いますが、その際で休憩をするということも大切です

では、休憩といっても、具体的にどのくらいの時間がよいのか、それは、約30分~45分に一度は、5分~15分の休憩です。

余談ですが、休憩の際に目をつむったりしても、勉強の際には記憶しやすくなったりもするのでお勧めです。ちなみに、これは、科学的に証明されています。

なので、休憩をして脳を休ませて、別のタスクに移って、また30分位たったら、戻ってくるというのもいいと思います。

軽い運動をする。

同じことを続けないという観点で、間に軽い運動を挟むというのもよいことです。

あまり、ハードな運動は体にも精神的にも苦しいと思いますが、軽い運動は、集中力を上げてくれます

では、軽い運動とは、どういうものか。

そんな、運動とか言われても、ジョギングとか、なんかできないよ。

という人もいると思いますが、軽い運動で一番いいのは、「スクワット」です。

スクワット」を30~50回ほどやることによって、集中力を上げてくれます

まとめ

ということで、いかかだったでしょうか?

同じことをやり続けるのではなく、マルチタスクではなく、シングルタスクをして、こまめに休憩をして、軽い運動を挟むのが集中力を維持することができていいです。

自分は、色々やりましたが、よくわかりませんでした(笑)

おそらく、これには、個人差がございます。あとは、他にやりたいこと気になることなどがある場合の人なんかは、集中力が低下してしまうのだと思います。というお話でした。